脱毛は今や女子の常識!!

定番ワキ脱毛

ワキ脱毛には埋もれ毛を防ぐ効果がある事をご存じでしょうか?

 

まず埋もれ毛とは何か?ですが、埋もれ毛とは「埋没毛」ともいい、ムダ毛の自己処理トラブルの一つです。

 

皮膚の中に埋もれたままで毛穴から出てこない毛、ありませんか?

 

それが埋もれ毛なのです。この状態を見ると、どうしても毛をほじくり出したい症状にかられます。

 

これはトラブルの元、皮膚に雑菌が入って炎症等起こす可能性があります。

 

しかもそのままシミになってしまう事もあるので、極力避けたほうが無難です。

 

 

埋もれ毛は自己処理によってできる事が多いです。カミソリや毛抜きでのワキ毛処理の繰り返しで肌や毛穴を傷つけてしまい、かさぶたが毛穴を塞ぎます。その間に皮膚の下で毛が成長し、埋もれ毛となるのです。【埋もれ毛の対処法はコチラ

 

 

一番良いのは埋もれ毛ができない様に予防する事ですが、その対策としてお勧めなのがエステです。

 

エステで脱毛する事によって、肌や毛穴へのストレスが軽減されます。毛の成長に沿ってプロが処理してくれるから綺麗に仕上がって、それがずっと続く様になるのです。。

 

埋もれ毛をほじくっている人がいたら、直ちに止めて下さい。そしてエステで正しい脱毛をしましょう。

 

脇の自己処理

高校の頃からワキのムダ毛が気になり、自己処理を繰り返してきました。

 

抜くのは時間がかかるのでお風呂で剃っていましたが、カミソリで肌を傷つける事もありましたし肌が荒れた事もありました。

 

剃ってしばらくはヒリヒリして、お湯がしみる事も少なくなかったです。

 

 

そんな事を数年繰り返すうちに、今度は黒ずみが気になる様になりました。

 

ワキのムダ毛はないのに黒ずみが酷くて、もしかして私、ムダ毛処理してない様に見られているんじゃ!?

 

なんて不安になる事もあり、気になってワキの開いた服は着れませんでした。これでは自己処理の意味ないですよね・・・。

 

 

ワキの色素沈着(黒ずみ)ですが、肌への摩擦によってメラニン色素が肌を守ろうと発生して起こります。

 

 

カミソリや毛抜きは肌にとって外部刺激。人間の体は防御体勢を取るのですが、それがメラニンであり色素沈着(黒ずみ)になってしまう訳です。

 

 

ではどうしたらワキの色素沈着(黒ずみ)を薄くできるのでしょうか?

 

 

外部刺激をなくす、すなわちムダ毛の処理を一切行わないのが一番ですが、それは絶対に無理ですよね!

 

 

ですからエステでの脱毛が一番の近道なのです。エステでは、プロのエステティシャンが毛が生える周期に合わせて正しく脱毛を行ってくれます。ワキの黒ずみも、余計な刺激が少なくなっていけば徐々になくなっていきます。

 

 

エステに任せたら、徐々にですが黒ずみが薄くなってきました。今では、もっと早くエステに行けば良かったな〜って思っています。

 

 

 

エステと日焼け

脱毛エステに通い始めると気になるのが日焼けです。ほとんどのエステサロンで、脱毛後の日焼けは絶対に避ける様にと言われるはずです。ではなぜ脱毛後の日焼けは厳禁なのでしょうか?

 

 

脱毛のリスクとして、“脱毛後に日焼けをする事でやけど状態に陥り、皮膚内部で更にメラニンが作り出され、その結果炎症性色素沈着が起こる”という事実があります。

 

 

色素沈着とは「黒ずみ」の事、つまり脱毛後に紫外線を浴び続けると、脱毛の部分が黒ずむ可能性があるのです!

 

 

更には炎症を起こす場合もあり、こうなると元に戻るのは非常に困難ですから要注意ですよ!

 

 

他にも脱毛後の日焼けが厳禁な理由はあります。

 

 

光脱毛は、黒色(メラニン色素)に反応して脱毛をします。ですから黒くなった肌に光を照射すると痛みが強くなります。また、照射ポイントも広がる為に効果が半減してしまうのです。

 

 

又、日焼けした肌は乾燥状態になっているので肌トラブルが起こりやすくなっています。先程挙げた炎症の他にも、痒み等のトラブルにも繋がるのです。

 

 

エステサロンで言われた脱毛後の注意事項をしっかり守る事が、自分の身体を守る事に繋がるのです。もしエステサロンで脱毛に関する注意事項が全くない場合は、そのサロンを利用するのはやめた方が良さそうですね。

 

ニキビのニュルっとでる感触は病み付きになりますがやったらダメです

ニキビは触ってはいけないし潰してはいけない。頭では分かっていても、つい触ってしまう事ってありますよね。

 

私は白ニキビを潰した経験ありです。しかも1度や2度ではなく、何度かあります。自分のニキビを触りながら、このニキビを潰したら中の白い塊が出るか否か探るのです。

 

ニキビの中身が綺麗にニュルって出てくると、それはもう快感です。

 

この“ニュル”の正体は「コメド」と言い、皮脂や汚れが毛穴の中で乾燥して硬くなった角栓の事を指します。

 

角栓を放っておくと毛穴のフタになってしまい、皮脂が毛穴の中に閉じ込められます。そのに雑菌が繁殖して炎症を起こすと赤ニキビへと発展するので要注意です。

 

 

そしてコメドは“ニキビの芯”とも言われていて、これが毛穴に残っているとニキビを繰り返します。大人ニキビを繰り返す人はコメドがいつまでも残っているケースがあり、芯が残っていて不快感を覚えると思います。治っても治っても芯がなくならず、結局大人ニキビが完治しません。

 

 

いつもニキビを潰してコメドを出している私でしたが、やはり失敗すると最悪です。痛いし皮膚は赤くなるし血は出るし、ニキビ跡として残り続けます。ようやく学習した私は、コメドのあるニキビを放っておく事にしました。ただ単に放っておくのではなく、保湿をして肌を柔らかくし、コメドが押し出される環境を自然につくる様働きかけたのです。

 

 

 

すると自然に毛穴が小さくなってコメドが出てきました。洗顔するとぽろっとコメドが取れ、痕の無い素肌を手に入れる事が出来ました。

 

コメドとの戦いは結構長いので辛いですが、潰さない様に耐えればその先は明るいです。